充実させること

シングルマザーなどが働きやすい職場づくりのために事業所内保育について知りませんか?安心して働ける環境があれば離職率も下がります。

最高のお得プランはこちらでチェックしよう。社員旅行へ行く際は、まず費用やプランの見積もりが重要なポイントです。

日本企業の特徴として、入社した社員を終身雇用を前提として長期に雇用し、そのための手段の一つとして、福利厚生の充実がありました。 法定内福利と呼ばれる社会保険(厚生年金、健康保険、労働保険)とは別に、法定外福利の充実が大手企業を中心に従業員の勤労意欲や企業への帰属意識を高める役割を果たしてきました。 しかし、日本経済全体が、高度成長から低成長そして安定期に移行したあたりから、企業の福利厚生が次第にその意味を失い始め削減する傾向が顕著に表れるようになりました。 特にグローバルな企業間競争が激しくなり、終身雇用制の維持が時代に即さない、という考え方が多くの企業内で生まれ、その結果として、社内福利厚生システムの見直しが進められてきました。

しかし、ここに来て、企業内の福利厚生システムが徐々に変化を見せ始めています。 社宅や寮、財形貯蓄や保養所といった従来型の福利厚生から、時代の要請に合致した新しい形の福利厚生がアウトソーシングという手法で生まれてきました。 企業にとっても従業員にとっても魅力的な福利厚生システムとは、例えば医療面でのケア(社員の健康を大切にする)、語学や資格の取得への支援(社員の向上心を育てる)、育児や介護面での支援(女性社員にやさしい企業)などがあげられます。 これら一つ一つの施策を自社内で実現するには、かなりのコストと労力が必要になりますが、これらの専門業務を完全に外部機関へアウトソーシング化することができます。 また、インターネットやWEB環境の発展により、パソコンや携帯電話を利用した管理システムの併用によりユーザがより利便性を享受することが簡単になっています。 今後の傾向として、新しいタイプの福利厚生システムの導入で企業の魅力をアピールしていくことが望まれるのではないでしょうか。

270コースが受け放題の社員教育はこちらです。無料で体験することもできるので一度利用してみましょう。

レベルアップのためのサポートを行うために新入社員研修を申し込みしておこう。豊富な講師陣がいるので身になることが出来ます。

売上アップの戦略を立てるためにもラウンダーは必要です。こちらに相談をしておこう。多くの仕事を紹介していますよ。

オススメリンク